国際コンペティション

国内コンペティション 長編部門

国内コンペティション 短編部門

オープニング上映

15周年特別企画「飛翔する監督たち from SAITAMA」

15周年特別企画「名匠たちの軌跡」

15周年特別企画「怪盗グルーシリーズ一挙上映」

バリアフリー上映

国際コンペティション

ナンシー/Nancy◊アジアン・プレミア◊

映像ホール上映日 7.16(月・祝) 17:30 
多目的ホール上映日 7.18(水) 10:30 
MOVIX川口上映日 7.19(木) 18:30

<2018年/アメリカ/86分>

嘘で塗り固めた私の人生。
けれど探しているのは、本物の温もり。

人付き合いが苦手なナンシーは、他人の関心を集めようと嘘ばかりついていた。ある日、彼女は5歳で行方不明になった娘を探す夫婦をTVで見かける。その娘の30年後の似顔絵が自分と瓜二つなことに気づき…。

ナンシー/Nancy

監督:クリスティーナ・チョウ
出演:アンドレア・ライズボロー、J・スミス=キャメロン、スティーヴ・ブシェミ、アン・ダウド、ジョン・レグイザモ

 

<解説>

嘘をつくことでしかコミュニケーションを取ることができない女性の繊細な心理をスリリングに描きだしたのは、監督・脚本のクリスティーナ・チョウ。これまでに制作した短編作品が高い評価を得ており、長編デビューを飾った本作は、今年のサンダンス映画祭で脚本賞を受賞した。主人公ナンシーを演じるアンドレア・ライズボローは名門英国王立演劇学校出身で、トム・クルーズ主演の『オブリビオン』(13)、アカデミー賞作品賞を受賞した『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)などに出演。また『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督がプロデュースする、『呪怨』(00)のリメイクにも主演することが発表されている。ほかにも、スティーヴ・ブシェミやジョン・レグイザモら演技派俳優が脇を固めている。本映画祭での上映はアジアン・プレミアとなる。

ナンシー

ナンシー


監督:クリスティーナ・チョウ

監督:クリスティーナ・チョウ

短編監督作品がテルライド映画祭やサウス・バイ・サウスウェスト映画祭で高く評価され、『I am John Wayne』(11)はスラムダンス映画祭で短編部門の作品賞を受賞。HBOやサンダンスなどで数々の監督養成プログラムにも参加している。

[ その他の国際コンペティション作品  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]